気づいたら7月、全く意味がわからない。

さて、気づいたら7月、全く意味がわからない。本当はこのブログも毎日更新しようと思っていたのだけど結局根底的にニートなので持続性がなくて無理だった。

最近はプログラミングを趣味にしている、というか、趣味だったものを再び始めていて、比較的調子がいい。プログラミングはだいたい丸ごと一日作業に時間がかかるしコードを書いている間は人生について悩む必要がないのだ。今となってはエセニートのphaとかもそんな感じでプログラミングやってたんだと思う。最近はプログラミングも一人でやるのではなく友達の無職とリモートでSlackで会話しながらしていて、割と面白い。

自分一人でやるのと他人とするのではだいぶ効率が違う。一人でやるとやはり3日もすればバテてしまうものだが(無職なので)、相手が作業しているとなるとそれなりに緊張感もあるし、コードの品質も一人で書いているときよりはムラがなくなった気がする。

とにかく、面白いことの一つには、生活リズムがお互い異なるので、朝起きると大量の機能が追加され、夜寝る前に大量の機能を追加する、という感じで1日1日とどんどん機能が追加されていき、無職同士の擬似的なオフショア開発が行われている、ということで、無職ならではだなーというのを感じている。

春先よりもだいぶ体調がよくて、連日家を空けては他人の家にお邪魔したり、他の人と会ったりしている。やはり根源的な問題は金だと思う。金がないのは辛くて厳しい。親に理解を求めるしかない。スタバをやめてマクドナルドへ通う、そういう日々の積み重ねがニートを形作る。